経理屋SYU2000の天職(転職)生活

経理屋生活20周年を迎え、その間転職を4回経験したSYU2000が、経理、転職、占いについて情報を発信

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■<経理>経営層に喜ばれる経理資料
--------------------------------------------------------------
月次決算報告。皆さんの会社でも行われていると思います。

私は、税理士事務所勤務時代は月次監査の立場から、そして企業の経
理屋になってからは、社内に決算状況及び主要な経理データを報告す
る立場として、月次決算報告資料を見てきました。

その多くは、財務諸表に始まり各種分析資料、推移表等、数値でびっ
しりと埋め尽くされたものばかりでした。

報告者は、その資料についてこと細かく説明していくのですが、報告
を受ける人達にとっては、はっきり言って「退屈」以外の何者でもあり
ません。聞いているふりして眠ってしまう人さえいたほどです。

このように、聞く人に受け入れられない資料を「自己満足」資料と言
う人もいます。

“「ここまで詳細に分析しました!」と見せているだけ・・・”

納得してしまいます。

こういった資料を歓迎するのは、税理士の先生や公認会計士の先生方
そして経理部門等といった経理専門職の人達だけです。
他の人から見れば数字が羅列してあるだけの睡魔に襲われる(笑)資
料でしかありません。

●関心を持ってもらうために

では、どうすればよいか?

絵(図)として表現するのです。
これは前回でも書きかましたが、非常に有効です。

貸借対照表を例にご説明しましょう。
1.まず、左右に大きな箱を書きます。

2.まず左側を「資産」」として2つに区分し、上段を「流動資産」、
下段を「固定資産」に分けます。色分けをすると見やすくなります。

3.そして、各箱の中に、各資産を構成する主要な科目のみ、数値を入
れます。流動資産なら「現預金」、「売掛金」、「短期繰延税金資産
」位でしょうか。
固定資産は「有形固定資産」、「無形固定資産」、「その他投資(長
期繰延税金資産は再掲として表示した方がよいでしょう。)」を表示
します。

4.右側の箱についても「流動負債」、「固定負債」、「資本の部」に
区分し、それぞれ主要な勘定科目を表示します。
資本の部については利益剰余金(当期純利益は再掲)も表示させると
よいでしょう。

ここで配意していただきたいことは、会社によって、着目する勘定科
目が異なるので、その科目については表示させるべきだということで
す。
有利子負債を多く抱える会社ならば、長短借入金については表示させ
るべきですし、社員数が多い会社なら退職給付引当金残高が分かるよ
うにすることがポントとなります。

5.損益計算書については簿記で学んだような図(左が原価・販管費、
右が売上、雑収入等)にすると、説明がしにくく、かえって混乱を招
く事態になるかもしれませんので、シンプルな表にすると良いと思い
ます。
シンプルにする箇所は原価と販管費の構成になります。
全科目を並べ立てるのではなく、主要な科目だけを表示、他の科目に
ついては「その他」でまとめてしまって良いでしょう。
原価なら材料品費、外注費、労務費、その他、販管費なら労務費(
必要に応じて賞与を別掲)、交際費、その他etc・・・

このように、シンプルにまとめることで、上層部に対し、必要な情報
を受け入れてもらえやすくなることができます。

●シンプルにすることは「報告しない事項」が潜むことになる。

ただ一点注意いただきたい事は、シンプルにまとめることで、報告し
ない事項が生まれる、ということをご承知おき下さい。
くどいようですが、ご自分の会社の状況をよく把握し、その上で説明
が必要な情報をピックアップし説明してほしいと思います。

この他に、売上や外注費等、また営業利益や経常利益等の推移をグラ
フにして説明すると、効果が倍増します。

私は上司の指導のもとこのやり方に変更し、それまで存在すら軽視さ
れていた経理部門を、管理部門の花形(笑)に変身させることに成功
いたしました。

このやり方が絶対良い、ということではありませんが、上層部への報
告資料の作成についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、ご参考に
していただけると嬉しく思います。

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking






●「仕事はお金だけで選ぶものではない」そう思う方は非常に多い
と思います。私も同感です。

ただ、好きな仕事をして、自分が満足する以上に報酬をいただける
なら、それはもう天職といってもいいくらい恵まれた仕事を手にし
たと言えますよね。

経理業務を『天職』と呼べる人・・・もっと増えてほしいと思いま
す。私もそうなりたいと思っています。
私の場合は「思っているだけでは念願は達成できない」ことから行
動に移した事がいくつかあります。
今日はそれについて書いてみます。

まずは、本題に入る前に、経理部門はどうして成果の割に報われな
いか考えてみましょう。
それには、外部(社内の他の部門)からどのように思われているか
分析してみると納得できます。

●典型的なルーティン業務を行う部門
外からはこう見られていることが非常に多いのです。

今の世の中ではこう考えられています。
『ルーティン業務=頭を使わない作業』

「経理業務をシステム化し人件費削減を図る」という謳い文句で会
計システムやERPが販売されているのもこの考えに基づきます。

『頭を使わない=判断を伴わない』作業だから、システム化して人
間よりもはるかに処理能力の高いコンピュータに任せれば、作業効
率が格段に測れる。
こうなってしまうわけです。


●受動的な業務が多い
事業計画や資金計画策定以外では、業績結果を報告する業務が大半
となる経理部門。営業部や他の部門からのデータを精査し積上げて
いくことで、適正な決算データを作成します。この業務の流れは
「受動的」です。受動的業務は相対的な「提案型業務」と比べると、
どうしても評価が下がります。
決算取り纏めという大変重要な業務を行っているのに、悔しいこと
なのですが、どこの会社でも同様の評価となっていると思います。

●重いフットワーク
ひとつひとつの作業に正確さを要求されることから、どうしても慎
重に作業を進めがちです。
石橋を叩いて渡る、ような仕事ぶりの方も多く見受けられます。

また、外部への問合せについても、作業効率を考慮して、後でまと
めていっきに解決しようとする光景を目にします。
これは一概に悪いとは言い切れませんが、相手の都合を考えず、
「自分を中心に」仕事を回す印象を外部に与えてしまいます。
経理部門からまとめて質問等を投げかけられた部門は、降って沸い
た作業のために、他の業務スケジュールを狂わせられてしまうから
です。


●経理部門にとって、「典型的なルーティン業務」をはずすことは
できません。一部の企業では、伝票審査の簡略化等を推進している
ようですが、私個人としては反対です。システムで内部牽制を働か
せることには限界があるからです。

以前大ヒットした映画「T3(ターミネーター3)」ではありませ
んが、最後のジャッジメントは「ひと」が下すべきである、と思い
ます。

ポイントはここなのです。

ルーティン業務では「ひと」でないと不可能な「判断業務」だけに
時間をかけ、その他の作業は徹底的に効率化を図るのです。そして、
その他の業務に費やせる時間を確保するのです。

効率化の方法としては、マニュアル化するもよし、作業動線の効率
化を図るもよし。お金がなくてもできることは沢山あるはず。

●経理業務が受動的だと決め付ける事は間違いです。
結果を出すまでの相談、指導、ヒアリング等を積極的に実施するこ
とで「受動的」なイメージは払拭されます。
ようするに、最終結果となる伝票等(=経理データ)を受け取る前
に、その結果が適正なものとなるように事前に他部署に働きかける
のです。

他の部門を呼びつけるだけでなく、こちらかも出向いて、現場の空
気を吸いながら、アドバイス等を行うほかに、多くの情報を入手す
るのです。こうすることで重いフットワークという印象も消えてい
きます。

自席でコツコツやってばかりでは健康にも悪い。(笑)

●そして、最終的には経営層への提案、進言を行う事です。
企業の行く末を左右する重要な情報を持っているのは経理部門なの
です。その最高の『武器(情報)』を使ってアピールしましょう。

その際には、提案・進言を聞く方が『経理の専門家』ではないこと
を充分意識して行動して下さい。

経営層が今後の戦略を考えるにあたって有用な情報も、経理的な専
門用語を並べ立て、数字ばかり羅列した表を見せるのでは「理解で
きないヤツが悪い、というような説明ばかりする経理部門は高飛車
だ!」と反感を買うだけです。

誰が聞いても分かるように話し、さらに、、簡単に図解して説明す
ることで、経営層は感謝さえしてくれる場合がある事を知ってくだ
さい。


●経理部門は裏方・・・それは昔の話です。
あなた自身が「わたしは裏方」そう思っているうちは給料もそのま
ま。ここまで書いてきたことを上司も巻き込んで実践し続けてみて
下さい。

必ず効果がでてきます。立場としても、報酬面でも。

ここまでやって待遇が変化しなかったら、その時は迷わず転職です
ね。悲しい事実ですが、経理(管理)部門を軽視する経営者はいる
ものですから。着いていかない方が幸せです。


今までの経理部門の常識をあなたもあなたの上司も一度しまって、
会社も社員も、もちろん自分も幸せになれるように努めていきま
しょう。


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking






神奈川県が独自に企業へ課税した臨時特別企業税が
最高裁によって無効と判断されましたね。

臨時特別企業税がどういうものなのか、
ここでの説明は割愛させていただきますが、
私にとっては少々ショックなニュースでした。


その理由は、この違法性に私が気付かなかったことにあります。

繰越控除は、地方税法という国の法律によって定められたものです。
法律よりも下位にある、県が定めた企業税が
繰り越し控除に課税するということに
疑義を全く抱かなかったこと・・・
経理屋として恥ずかしい思いでいっぱいです。

ただ、天狗になっていた私を戒めてくれたニュースだったと
今ではありがたく受け止めています。

国が定めたから正しい
県が定めたから適正だと
単純に鵜呑みにするのではなく
いつでもどこでも
なぜ?どうして? と
考えること
これが大事なのですね。
訴えた某企業の経理屋さんに
弟子入りしたいと心から思いました。
明けましておめでとうございます。

2013年も、はや7日目となりました。私は今日から仕事「始め」です。
                         ~~~
私の持論ですが、何事も「始めが肝心」だと考えています。

「終わりよければ全てよし」という諺があって、

確かにそうだと思う時も多々あります(笑)。

ただ、「始め」る前提には「目的」がありますよね。

例えば、

・仕事を「始め」る。=自分が達成させる義務がある仕事がある。

または達成させたい仕事がある。

・趣味を「始め」る。=関心を持っったのでやってみたい物事がある。

または、人生に「潤い」を持てる時間を作ってみたい。

・恋愛を「始める。=これは「育てる」と置き換えた方が適切かもしれません。

または、「告白したい」相手ができた、などでしょうか。

このように、

「始め」の前提にある目的に対して抱いた

志や情熱、熱い思いを、最後まで持ち続ける事が

人生という時間を費やす上で、とても大事な事だと思うのです。

(「結果」は運や縁の影響を大きく受けるので、ここではあえて拘りません(笑)。)

皆様も、今年1年を充実した時間にできるよう

年初に抱いた志・情熱・熱い思いを抱き続けていただければと思います。

今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking






先週末、30年ぶりの高校同窓会に出席。

少し遅れてお店に到着。

既に乾杯を終え、昔話に花が咲き始めていた友人達は

私の顔を見るなり動きを止めた。

「・・・・・・・」

「お前・・・・・・・・誰だっけ!?」

そりゃ、たぶん私が1番老朽化が進んでいるだろうことは想定していたし

髪もあの頃から10万本くらいは減耗損しているけれど

でも

その一言は結構こたえたよ(TдT)

名乗った後も

皆の点になった目は収まらずw

私に憧れていたといった女子が一言

「1番禿げないと思っていたしゅうちゃんがねえ・・・」

「ドンキで、くるくるパーマのかつらを買ってかぶればさ、

あの頃のしゅうちゃんに戻れるよ!」

これでまた更に凹んだ・・・

でも、終電がなくなりタクシーでその女子を送った際

こんなことを言ってくれた。

「やさしいところは昔のままで嬉しかったよ」

これで、一気に原状回復できた。

あ、髪は回復スケジュール不能のままですけどねwww

次回は、ドンキでかつら買います。

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。