経理に転職 経理屋が天職

経理の仕事を知ってから、何回転職したってやっぱり経理屋さん

前回のメルマガです

●明日への励みになります
 皆様のひと押しをお願いします!



FC2ブログランキング




__________________(4/4)第11号_____

<目次>

・経営層に喜ばれる経理資料【2】

・シリーズ企画:求人募集する企業の実態【4】
 元人事屋が明かす裏事情

・SYUの占い【5】~不思議な体験その3~

・編集後記


-----------------------------------------------------------------
■<経理>経営層に喜ばれる経理資料【2】
     ~粗利益の重要性を訴える~
-----------------------------------------------------------------
●一般的に、経営者というのは営業利益を重視するものです。
あなたの会社の経営陣どうでしょう?

報告書類にしても売上原価と販管費を合算し「営業費用」という科目と
して表示することが多いかと思います。

経営陣は、営業活動からきちんと利益を出している事を株主や債権者に
説明する必要があるため、何としてでも営業利益を黒字としたいのです。

また、株式を多く保有する企業なら、後述する「経常利益」を営業利益
的に扱うことがあります。

●一方、金融機関は経常利益を重視します。
融資を申し込んだとき、銀行の融資担当者から、「経常利益はどれくら
い出てますか?」と聞かれた方も多いのではないかと思います。

金融機関としては、企業が経常的な事業活動から安定した利益を出せな
いと、融資の返済が滞ることになるわけですから、当然ですね。

このように、「営業利益」や「経常利益」は外部から注目される利益な
ため、経営陣も神経を尖らせるのですが、売上総利益、即ち「粗利」に
ついては、製造業の会社以外では、議論の場に出てくる事が少ないので
はないでしょうか?

●経理的な専門職で活躍する方は、私と同じ考えをお持ちではないか、
と勝手に推測しますが、私としては、この「粗利」こそ一番重視すべき
利益であると考えます。


そして、単に粗利益の額にこだわるだけではなく、粗利益率をプロジェク
ト(現場)毎にきちんと管理する、これが重要です。

企業が目標設定する粗利益率は、業種によって異なりますが、直接原価
以外の科目についても原価に含める経理方法を採用する企業なら20%
位を確保しようとするのではないでしょうか。

直接原価だけを原価とする経理方法を採用しているなら、30%は確保
しようと考えているでしょう。

こうして、固定費を上回るだけの粗利益を産み出すには、どれだけ受注
しなければならないか、逆算していくのです。

●例を挙げると
・固定費は年間10億

・粗利益率は20%

・粗利益は固定費分10億に加え、利益(所得)に対し課される税金分
 も確保しなければなりません。
 有利子負債があるなら、その支払利息分も確保する必要があります。

 ここでは、税額を4億、支払利息はゼロとします。

・そうなると、粗利益は10億+4億=14億必要ということになり
 ます。

・粗利益14億を産み出す売上は
 14億÷20%=70億

・企業の事業計画としては、年度内に売上計上できる受注を70億以上
 獲得することを設定しないといけませんね。

●上記の考え方をできる経営者は製造業、建設業に多くいらっしゃいま
 すが、サービス業ではあまりお会いしたことがありません。

最も設定しやくすく、かつ重要性の高い「粗利益」について、経理部門
から経営陣に対し、注視する必要性について説明してほしいと思います。

-----------------------------------------------------------------
■求人募集する企業の実態【4】
元人事屋が明かす裏事情
-----------------------------------------------------------------
転職する際、必ず通るのが、求人募集した会社との面接。
面接は、一次、二次、ときには三次面談まで実施され、その上で採用の
可否が判断されます。

この面接ですが、以下のような構成となっています。

●一次面接
 会社の人事担当者が応対します。
 応募者の人柄や社会人としてのモラルを持っているか見ます。
 職務経歴書にも目を通しているようにみえますが、人事担当者では
 専門的な事は分かりませんし、事前に各部門に照会して適正だと判断
 していますので、経歴の寝異様について、突っ込んで聞いてくる事は
 ほとんどありません。

●二次面接
 あなたを欲しいと言ってきた部門の責任者が応対します。

 一番重要な面接です。

 職務経歴書の内容について根掘り葉掘り尋ねられます。

 この面接では、得意・不得意、できること・できないことについて
 はっきりと回答する事が重要なポイントとなります。
 相手は専門家ですから、ごまかすことはやめましょう。

 あなたを採用するかどうかは、この面接で9割方決まります。

●三次面接
 大会社では、あまり見かけませんが、ベンチャー企業や、中小会社で
 は、ここまで実施することがあります。
 
 ここで登場するのは「代表取締役」です。

 会社のトップ自らが、会社にとって欲しい人材か見てきます。

 ここでは、専門的なことより、将来的なキャリアプラン、キャリアビ
 ジョン、業界の動向、その会社でどのような存在になりたいか等、
 「夢」「希望」について尋ねられます。

 言い換えれば、前向きに、希望を持って頑張る人ならば採用、となり
 ます。

 会社とすれば、生き生きとした明るい人と一緒に仕事をしたいと思う
 わけです。当たりまえですよね。

●今の給料に不満があるから転職したい
 上司が気に入らないから転職したい
 今の仕事がキライだから転職したい

 こういう人達は三次面接で、答えに困ることでしょう。
 そうなれば当然 不採用です。

皆さんも、転職を考えるときは、理由はともあれ、自分にとって前向き
な転職であるようにイメージして望んで下さい。
新天地での「夢」と「「将来像」は必ず描いていくように!

-----------------------------------------------------------------
■SYUの占い【5】
 ~不思議な体験その3~
-----------------------------------------------------------------
「不思議な体験」は今週はお休みさせて下さい。
申し訳ございません。

代わりに、金運を招く装飾品について、簡単に書きます。

これも実話です。

行きつけのバーで働いている「えみこ」さん(仮名)。

マンガ「エースをねらえ」に登場する「お蝶婦人」のような美しい女性
です。

それなのに金運に恵まれません。
というより男運がないんです。

付き合う男に金をせびられ逃げられる・・・
その繰り返しだそうでした。

「わたしを占ってよ」 そう言われたので
僕がいつもの占いをすると、いつもなら「ある光景」が浮かぶのに
時計とかブレスレットとか、装飾品ばかりが頭に浮かびました。

具体的には

・黒い文字盤の腕時計
・ゴールドのネックレス
・ゴールドのブレスレット

おそらく、「これを身につけよ」ということなのだろうと決め付けて
彼女に伝えました。

次の日、えみこさんは僕が伝えた品全てを身につけてきました。

「全財産つぎ込んだよ。これで何もなかったら、しゅうさん責任
とってよ!」

僕がビビったのは言うまでもありませんが(笑)、それだけ何とか
したかったのだろうと思うと、ちょっと胸に来るものがありました。

それから1ヶ月程して、彼女から
「歯科医の彼と付き合うことになりました!」と
メールをいただきました。

僕が安堵したことは書くまでもありません(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keiriya.blog51.fc2.com/tb.php/79-5c355d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad