経理屋SYU2000の天職(転職)生活

経理屋生活20周年を迎え、その間転職を4回経験したSYU2000が、経理、転職、占いについて情報を発信

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当期において赤字(損失)となった場合、過去の利益の蓄積(剰余金)
が赤字の額を上回っていれば、剰余金の減少に留まり、会社のダメージ
も軽いものとなります。

ところが、当期の赤字(損失)が過去の剰余金を上回った場合には、も
はや剰余金だけでは補えない状況となります。
剰余金を超えた赤字は「欠損金」となります。

この欠損金が剰余金を上回り、資本金にまで食い込んだ状態を「資本の
欠損」といいます。

さらに、欠損金が資本金を上回った状態が「債務超過」となのです。
会社の総資産より負債が多い状態です。

こうなると、会社は危篤状態です。
株主のみならず、債権者にとっても深刻な問題となります。

ちなみによく言われる「累損」とは「繰越損失(欠損金が累積されてい
る状態)」を指します。


●最後まで読んでくれてありがとう!
●ブログランキング参加してます。
励みになるのでひと押しお願いします!



FC2ブログランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keiriya.blog51.fc2.com/tb.php/52-dd2393ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。