経理屋が天職(転職)なのです!

何回転職したって、やっぱり経理屋さん

謙虚であること

●社会に出た人達が初めて転職を考える時期は、入社後3年あたりが
多いと聞きます。

入社後3年というと、担当した仕事に対し自信を持ち始めるころなの
ですが、優秀な人になると、期待された以上の成果を出し、任された
業務に対しもの足りなささえ感じはじめます。

「自分はもっとできる」
「これだけ成果を出しているのだから、報酬をもっと与えてほしい。」

こう思うことは、成長していく上で必要かつ必然的に生まれてくるもの
だと思います。
ただ、こう思った人が安易に転職に走ると、ほとんどと言っていいほど
成功しません。

それは「自分の物差しでしか、自分を判断していない」からです。

人事制度がしっかりしている会社は、「できる」人をきちんと評価して
いるものです。
まだ若いから、とか経験が浅いから、だけの理由で、当人のモチベーション
を下げるような評価はしません。
自分の思うような評価をいただけないということは、必ず理由があるのです。

その事に気付かずに、転職すると、また転職を考えなければならなくとき
が訪れます。

なぜかというと、こういう理由で転職する人というものは、徹底した
成果主義を導入している企業を転職先に選ぶことが圧倒的に多く、その
企業には、それこそ、その分野のエキスパート的な存在の人達が、貪欲に
仕事に取組んでおり、そういった人達から見れば、自分がいかにスキルと
経験が不足しているか痛感するからなのです。
当然、厳しい成果主義の中で、他のエキスパートを相手に、自分が望む
評価されることなどありえないことは簡単に理解できます。
だから、夢がなくなり、そして居場所がなくなり転職せざる得なく
なるのです。

自分はできる。
そう思うことは、自信に繋がるので良いことではありますが、他人の
物差しでも自分んを計ってもらい、その結果を謙虚に受け止める、
そういう場を持つように心掛けて下さい。

「自分はスーパーマンだ」
そう思って成功した人を私は見たことがありません・・・

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keiriya.blog51.fc2.com/tb.php/248-0a02318f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad