経理屋SYU2000の天職(転職)生活

経理屋生活20周年を迎え、その間転職を4回経験したSYU2000が、経理、転職、占いについて情報を発信

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング 参加しています!
↓ ポチっとひと押しお願いします!



FC2ブログランキング





今日は、税理士事務所で私が行っていた業務について書いてみます。

税理士事務所では、職員に対し10~20件のクライアントを担当させます。

私も15件位担当していました。
この15件に対しては、毎月訪問し監査を行うのですが

業種は様々で

・小児科医(医療法人)
・産婦人科医(医療法人)
・外科医(医療法人)
・観光ホテル
・建設業
・新聞専売所
・キャバクラ

など、見ていました。

上記のクライントの経理処理の中で、慣れるまでが大変だったのが
医療法人のレセプトの計算でした。
これは、簡単にいうと社会保険や国民健康保険に対し、これだけ診療
したのだから、報酬を下さい、とういうものです。

皆さんが病院で診てもらうと、窓口で治療費を払いますよね。
あれは、全治療費のうちの3割なんです。残り7割は国等が病院に
払うのです。(この割合については、いろいろありますので、必ず
3割になるということではありません。)

このレセプト算定は、決め事が細かくあるもので、本当に苦労しました。

次に変わった処理をしたのが新聞専売所でした。
ここは、新聞社本社(読売や朝日など)から仕入の請求書が届き、それ
にしたがって仕入代金を支払うのですが、この請求書の見方が難しく
最初は苦労しましたよ。

私の場合、クライアントはすべて法人だったことから
決算月がちらばり助かりましたが、ある職員には個人事業主が集中し
確定申告時期、まさに今頃はヒィヒィ言いながら決算作業をしていま
したね。本当にお気の毒でした^^;

税理士事務所にいらっしゃる方も見てくれているかと思いますが
この繁忙期もあと少しで終わりです。
風邪などひかぬよう 乗り切ってくださいね!









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keiriya.blog51.fc2.com/tb.php/21-32d75fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。