経理に転職 経理屋が天職

経理の仕事を知ってから、何回転職したってやっぱり経理屋さん

本当にSYUにあった怖い話【7】

●先週の続き

前号で、横浜のクラブを経営するママさんからの相談をご紹介しました。

その後、ご本人から、「神社でお祓いをしてもらったので、もう1度
見てもらえないか。」と連絡を受けたので、再び伺うことにしました。

お会いして、まずはその後のお店の状況についてお尋ねしましたが、
特に変わったことはなく、多数のお得意様もできたそうで、
相変わらずの繁盛振りだとの事でした。

私は前回お会いしたとき、お祓いは数ではなく質だと申し上げ、ママさん
の知り合いに厄払いに詳しい祈祷師がいるとのことから、その方の紹介等
で良い神社等を紹介してもらうよう進言しました。

しかし、ママさんとしては、過去のお店で起きた出来事を絶対に
繰り返したくないとの強い思いから、紹介を受けた神社の他に、
複数の神社でお祓いを受けたそうです。

これが良いか悪いかは、私では判断できるところではありませんが、
「その祈祷師のことをあまり信用していないのだな。」ということは
察する事ができました(笑)。

そして、あれから10日余り経たママさんの「気」を見ることにしました。
お祓いを受けたということなので、かなり楽観的に見ました。

すると・・・

あの生霊の、恐ろしいほどの邪気が、いまだにまとわりついていました。

お祓いのご利益か、生霊の気配は、私では感じられなかったものの
殺気に満ちた邪気は、ママさんから離れていませんでした。

生霊とは、愛する人を守りたい一心から起こることもあり、
そういった理由であれば、憑かれた人へ幸運を招くこともありますが、
このケースに限って言えば、憑いた当人及び憑かれた人に対して災いを
招く結果となる、とても恐ろしいものです。

この状況をママさんにお伝えすると、私に何とかしてほしいと懇願
してきました。

私は、私自身が霊能師ではないこと、厄払いに対して責任を持てる立場
ではないこと等を説明し、丁重にお断りしました。

そのかわりに、直接の面識はありませんが、青森に住む優れた霊媒師が
霊障に悩む多くの人々を救っている事をお話し、是非一度、相談するよう
進言してきました。

私自身、この件に関わってから体調を崩したこともあり、今後のご協力に
ついては、口頭での相談程度にさせてもらうことにしました。

ママさんに憑いている「気」を感じるだけで、
ひどい虚脱感に襲われるのです・・・


●ブログランキングに参加しています!
 皆様のひと押しをお願いします!

FC2ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keiriya.blog51.fc2.com/tb.php/155-3461fa0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad