経理に転職 経理屋が天職

経理の仕事を知ってから、何回転職したってやっぱり経理屋さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経理屋のメリット

経理屋のメリット

会社の経営状況が右肩下がりになると、
真っ先にコスト削減の矛先となるのがバックオフィス部門。
経費は抑えられ、場合によっては人件費カットなどの対象となり、
直接売上に結びつかない組織とはいえ厳しいものです。
思っていた以上に給与カットされたりすると
「転職」という言葉が脳裏をかすめたりします。

ただ、25年間、経理屋として会社にお世話になってきた私は
そのような境遇に出会ったことがありません。
その理由こそが経理屋のメリットであり
私が経理屋という道を選んだポイントなのです。


●経理屋のメリット

1.安定性
まず1つめに、この職種ならではの安定性があります。
会計制度や税制改正等はありますが、基本的な仕事内容は普遍です。
経験を積めば腕が上がりますので、頼られる機会が増えます。
また、会社にとってはなくてはならない仕事なので
組織廃止なんて事はありえません。

2つめとして、収入の安定性があります。
前述のように安定した仕事なので波がありませんから
給与も安定します。
リストラの対象となる場合でも、対象から外れたり
カット額が少ないという話も聞きました。


2.なくてはならない組織
安定性の項でも書きましたが、会社にとって経理事務は
なくてはならない仕事です。
したがって、経理部、財務部など呼称は異なったとしても
会社には必ず経理業務を遂行する組織が存在します。
経理業務は、基本的に会計制度・税法に則っていますので
どこの会社に行っても仕事内容は同じです。

さらに、会計制度・税法を熟知しているほど必要とされますから
つぶしがきくので転職しやすいです。

ここが他のバックオフィスとの差で
私が経理屋を選んだ1番の理由なのです。


と、ここまでは良いことを書きましたが
やはり努力なくしては経理屋としてのメリット・恩恵にあやかれません。

会社によって、使用している会計ソフトは違いますから
そちらの情報入手に努めるほうがよいですし、
会社の経営を把握するための管理会計も、それぞれの事情により異なります。
会社の経営状況を早く理解し、管理会計に慣れることが重要です。
これが結構難しいのです。日商簿記1級レベルの知識が必要な場合もあります。

最後に、経理屋として、目まぐるしく変わる会計制度・税法の情報を
誰よりも早く入手し理解したうえで、円滑な社内適用の方法を考え実践する。

それと同時に、
その難解な制度等を、経理については素人である経営層
(最近は詳しい方が増えていますが)に分かりやすく説明し
適格な経営判断の一助としてもらう。
この営みをしてこそ、経理屋だと私は思います。

安定性のある職種であぐらをかきたくなりますけれど
「会計制度の理解」という剣と磨き
「税法の理解」という盾を鍛えて
どこでも渡っていける「頼られる経理屋」になりたいものですね。


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング




スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。