経理屋SYU2000の天職(転職)生活

経理屋生活20周年を迎え、その間転職を4回経験したSYU2000が、経理、転職、占いについて情報を発信

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●労いの言葉を大切に

就職難と言われて久しい現在ですが、「できる」ひとには仕事が集中
して訪れます。

「できる」ひとは、なぜ自分ばかりに仕事が集中するか分かっています
ので、グチったり腐ったりすることはありません。

でも、「できる」ひとも人間です。

作業が長期に及んだときは、疲労が蓄積されますので、持ち前の高い
モチーベーションも徐々に下がっていきます。
これは仕方のないことです。

そのようなとき、「できる」ひとを生き返らせられるのが「できる」
マネージャーです。

「できる」部下がやる気を起こす、最適な一言をかけて労を労うこと
ができることが、「できる」マネージャーの必須能力なのです。

その一言ですが、絶対に「頑張れ!」と言ってはいけません。

「できる」部下は総じて優秀であり、責任感も人一倍強いものです。

そのようなタイプのひとに対し「頑張れ!」と言うのは、労うどころ
か、心身ともに追い詰めてしまうことになってしまうのです。

激励と思った一言が、最悪の場合、死へ招待する一言になってしまう
恐れがあるのです。

では、どう労えばよいか。

正解はないと思います。
ただ、以前、尊敬するわたしの上司は
「よくやってくれている!とても頼もしく思っている!
このプロジェクトが終わったら家族で一休みしてくれ。」
そう言って、プロジェクトメンバ全員に旅行券を手渡してくれました。

“この上司のためにも、もうひとふんばりするぞ!”

そう奮起したことは言うまでもありません。

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。