経理屋SYU2000の天職(転職)生活

経理屋生活20周年を迎え、その間転職を4回経験したSYU2000が、経理、転職、占いについて情報を発信

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ベンチャー企業や「右肩上がり」の企業に見られる傾向
こういった「成長企業」の求人広告の特徴は、企業の期待に応えてく
れる社員には高額報酬を支払うといった内容のため、自分に自信のあ
る人たちからの応募が殺到することがあります。

そうなると、一般的には2次、3次と面接を実施し、ふるいにかけて
いくものなのですが、以下の方法をとった会社があったそうです。

 ・いくら面接を重ねたところで、実力を把握するには限界がある。
 ・ならば、とりあえず全員を仮採用としよう。
 ・そして、試用期間を6ヶ月間設け、全員にノルマを与え、それを
  クリアした人を本採用としよう。

こうして、仮採用となった社員にノルマが課せられる事になるのです
が、この”ノルマ”がとても厳しいものなのです。

そのノルマとは・・・
・その会社のトップ営業マンがなんとかこなせる月間受注獲得件数
・会社の事情も見えていないのに いきなり構造改革の指揮を任される
・半年以内にERPを導入することを課される
                         etc・・・

このノルマを達成できなければ本採用にはなりません。
しかし、どれも実現が非常に難しいノルマです。
仮採用の社員のほとんどは会社を去り、ほんの僅かの人たちが残ります。
残った社員は皆、ノルマ達成のための解決策や知恵を持っており、
近い将来、会社を牽引していく「優秀な」社員となるでしょう。

このシステムは賛否両論あると思いますが
「よく こういうことを思いついたな・・・」というのが
私の本音です。


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。