経理屋が天職(転職)なのです!

何回転職したって、やっぱり経理屋さん

~研究及び開発の定義について~

モノやソフトウェア等を製作するにあたり、まずプロトタイプを作成し
その後、検証を重ね製品に仕上げるものですが、プロトタイプは「試験
研究費」として費用計上でき、製品になれば資産計上することが必要と
なります。

この区分けがなかなか難しく、税務調査や会計監査等でも争点等になる
ケースがあります。

今回は、試験研究費について、企業会見審議会等が示した基準を
ご紹介いたします。


●研究開発費等に係る会計基準の設定に関する意見書

研究及び開発の定義は研究開発費の範囲と直接結びついています。
本基準では、研究開発費に関する内外企業間の比較可能性を担保するため、
諸外国における定義を参考とするとともに、我が国の企業が実務慣行上
研究開発として認識している範囲等を考慮しつつ検討を行い、研究及び
開発を次のように定義することとしました。

研究とは、「新しい知識の発見を目的とした計画的な調査及び探究」をいい、

開発とは、「新しい製品・サービス・生産方法(以下、「製品等」という。)についての計画若しくは設計又は既存の製品等を著しく改良するための計画若しくは設計として、研究の成果その他の知識を具体化すること」をいう。

例えば、製造現場で行われる改良研究であっても、それが明確なプロジェクト
として行われている場合には、開発の定義における「著しい改良」に該当する
ものと考えられる。なお、製造現場で行われる品質管理活動やクレーム処理の
ための活動は研究開発には含まれないと解されます。

(企業会計審議会(平成10年3月13日)より)



●研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針
・研究開発に含まれる典型例(実務指針第2項)
(1)従来にはない製品、サービスに関する発想を導き出すための
   調査・探求
(2)新しい知識の調査・探求の結果を受け、製品化または業務化等を行う
   ための活動
(3)従来の製品に比較して著しい違いを作り出す製造方法の具体化
(4)従来と異なる原材料の使用方法または部品の製造方法の具体化
(5)既存の製品、部品に係る従来と異なる使用方法の具体化
(6)工具、治具、金具等について、従来と異なる使用方法の具体化
(7)新製品の試作品の設計・製作および実験
(8)商業生産化するために行うパイロットランプの設計、建設等の計画
(9)取得した特許を基にして販売可能な製品を製造するための技術的活動

・研究開発に含まれない典型例(実務指針第26項)
(1)製品を量産化するための試作
(2)品質管理活動や完成品の製品検査に関する活動
(3)試損品の手直し、再加工など
(4)製品の品質改良、製造工程における改善活動
(5)既存製品の不都合などの修正に係る設計変更および仕様変更
(6)客先の要望等による設計変更や仕様変更
(7)通常の製造工程の維持活動
(8)機械設備の移転や製造ラインの変更
(9)特許権や実用新案権の出願などの費用
(10)外国などからの技術導入により製品を製造することに関する活動


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

心霊写真

●前回のメルマガに書きましたが、ある方から依頼され、現在心霊写真の
鑑定を行っています。

これが、なかなか手間取っておりまして、皆様にご紹介できるレベルまで
鑑定しきれていません。

いつもなら、写真を見ただけで、
それが本物か偽モノか、
本物なら、何を目的に現れたのか
くらいは分かるのですが、
今回依頼された写真は、
明らかに意図的に作られた偽モノ(怒)
ところが、鑑定すると、私の部屋の中に、何者かが入ってくる。
もちろん、この何者かは普通の人の目には見えないものです(恐)。
私にもハッキリとは見えないのですが、髪が長いことは、その影から
分かるので、女性ではないかと思っています。

どうして、このような偽モノの写真に、本物の霊(気?)が憑いたのか
今それを調べています。

こんな経験は初めてのことなので、少々怖い気もしますが
せっかくなのでもう少し見てみることにします。

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング





~転職回数が多い人ほど転職サイクルが短いワケ~

●転職しようとする転機は、そのヒトの仕事の成長が大きく影響しています。

たいていのヒトなら、同じ仕事を続けていくと、おおむね3年から5年で
その仕事の80%以上をこなせるようになるくらい、ヒトは急成長してい
きます。

それ以上、同じ仕事を続けていくと、努力したわりには成長が遅くなると
いう状態になるのですが、本人はそれを「マンネリ」と勘違いしてしまい
仕事がつまらなくなっていきます。

大手企業の人事部門では、そういったヒトの、仕事に対する向上サイクル
を把握していますので、仕事の急成長がひと段落する3年から5年の間に
人事異動を行うわけです。

異動した社員は、新たな部門で、未経験の仕事に触れ、更にスキルやノウ
ハウを蓄積していくことで、仕事に対する満足感を感じます。

大手企業の社員に転職者が少ないのは、会社の安定性や、待遇がいいこと
が大きな理由ですが、人事異動を繰り返し実施することで、社員の向上意欲
を維持していることも重要なポイントです。

さて、そういった人事異動でも仕事への満足感が得られなかったヒトや
中小企業等に勤めるために、そういった制度がなく、いつまでも同じ仕事
を続けているといったヒトは転職を決意することが多いです。

次の職場でも、同じ仕事をする事になる事がほとんですが、会社が変わる
ことから職場環境や人間関係も変わりますので、人事異動を似た効果が
表れます。
これが人事異動なら、そこからまた3年から5年間、そのヒトは向上して
いく自分を感じながら仕事に打ち込むわけですが、転職となると少々状況
は変わります。

というのも、会社が変わったとはいえ、やっている仕事は同じなのですから
自分が成長していない限り、すぐに飽きがやってきます。

今までは3年くらいで訪れていた「停滞」や「マンネリ」が2年、ひどい時
には1年でやってくるようになります。

この「停滞」や「マンネリ」が、実は、自分が仕事に対して知恵を出して
考えるという姿勢を怠ったことが原因であるにもかかわらず、それを自覚
できないことから、「この会社では自分のスキルアップは図れない。」と
錯覚し、次の会社へ転職してしまうという負のスパイラルに陥るのです。

そして、次から次へ、中身も夢もない転職を繰り返し、ただ時間ばかりが
過ぎていき、自分という商品価値も陳腐化してしまうという悲しい結末が
待っているのです。

そうならないためにも
転職を計画的に行うことはもちろんですが、その前に
いつも自分磨きすることを怠らないで下さい。


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング




重なるときは重なるもの

●某CMで「どうするよ、俺・・・」とありましたが、運命とは
イタズラなもので、転職に関する話は、あるときに集中して
他方から舞い込んできたりすものです。

これは、私も経験がありますが、私の知り合い数人からも聞きました。

そうなると、本当に「どうするよ、俺・・・」と嬉しい悲鳴を上げたく
なるものです。自分の商品価値も客観的に掴むことができますから
良い機会にもなります。

こんなときは、あわてずに、じっくりと自分の将来像をイメージ
することをお勧めします。

相手を少しくらい待たせても大丈夫です。オファーを出してくれた
相手先は「あなた」が欲しいのです。他の人は代わりになれません。

だから、あなたがきちんとした答えを出すまで待ってくれます。
(待ってくれない場合は、「あなた」の代わりも用意しておいたと
思います。「あなた」だけが欲しいのではなかったのでしょう。)

人ひとりに訪れる絶好のチャンスなど、そうあるものではありません。
しっかりと自分自身で考え、悔いのない答えを出してほしいと思います


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング





FC2Ad