経理に転職 経理屋が天職

経理の仕事を知ってから、何回転職したってやっぱり経理屋さん

鵜呑みの怖さ

●そろそろ年度末決算、という方もいらっしゃると思います。
3月決算の会社の経理部門に所属する方は、
素直に春の訪れを喜べないですね(笑)。

大会社の経理部門となると、年度末決算において
計算書類と、場合によっては事業報告も作成されると思います。

これらの書類は、経理部門だけで作成することは難しく、関係
部門に対し、文章や数値の提供を求めることになります。

関係部門から提出された文章や数値、これを経理部門が精査することは
なかなか難しいところではありますが、ただ受け取って、計算書類等に
反映するだけでは「伝書鳩」ですよね。

文章を例にとっても、業績が裏付けるような内容ではあるので、
財務諸表や分析資料等から、経理部門ならではの検証を行ってみる
ことが、経理部門の存在価値を高めることになると考えます。

また、もうひとつの例として、人事部門から報告される社員数についても
その増減が、必ず労務費等に影響しているので、経理部門特有の分析を
実施してみると、人事部門から重宝がられるかもしれません。

これは経理部門に限ったことではありませんが、どんな仕事をするにも

「知恵をだし、汗をかいて考え、そして提案する!」

これを習慣化することで、仕事の付加価値は増し、存在価値も高まります。

ぜひ、実践してみて下さい。


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

心霊ブームに警笛!?

●最近の心霊ブームに対し、警笛が鳴らされました。
皆さんは既にご存知だと思いますが、このブームに便乗した
詐欺まがいの霊感商法が再燃したようです。

「あなたからよくないオーラが出ている。このお守りを持つことで
改善される。」などと言って、高額な商品を売りつける。

また、
「あなたには悪霊が取り憑いている。私に寄付すれば祓ってやる。」
などという行為が蔓延してきているようです。

私は、この手の商売をしている人達を信用していません。
そして、憤りを感じます。

心霊能力は、その実証が極めて難しいことから、その真偽について
大昔から議論されてきた経緯があります。

今でも、霊感が強いと言うと、ひどいときには嘘つき呼ばわりされる
ことすらあります(笑)。

まだまだ心霊現象について疑っている人が圧倒的手数であるこの世の中で、
このような、困っている人の弱みにつけこんだ、悪意の商売をする人が
いることを、とても残念に思います。

これを読んで下さっている皆様にお伝えしておきます。

強い霊能力を持った人というものは、どこにでもいるものではありません。
そして、霊を祓うなどという強い霊能力を持った霊能者は、さらに
その数が少なくなります。

だからこそ、はるか遠方で活動される名高い霊脳者に、
救いを求める人たちがいるのです。


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング



築城3年落城1日

●この諺は、信用を失ったときなどに用いられるものです。

一生懸命努力して、やっと築き上げた信頼関係が、たった1つの
不祥事や裏切り行為により脆くも崩れ去る・・・

「なんて自分は愚かなことをしてしまったのだろう・・・」
そう思っても、時は戻ってくれません。

これと同じことが、転職活動にもいえます。

「こんなに冷遇される会社なんか辞めてやる。」

「こんな職場環境では、この先思いやられる。」

そう思ったことをきっかけに、転職を思い立つ人も少なくありません。

しかし、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

その環境や待遇よりも良いところもあるでしょう。

でも、今以上に厳しい環境のところも多々あるのです。

必死になって、今まで頑張ってきたその立場、環境を
ささいな理由で手放した先に待っているものは
「後悔」かもしれません。

退職することは意外と簡単です。
でも、辞めたら、もう2度と
その会社には戻れないのですよ。

何事も、築き上げるには厳しい試練が待っているものです。
せっかく築き上げた成果を簡単に壊さないで下さい。

転職を思い立ったら、ひとまず立ち止まり
深呼吸して冷静になる、このことを忘れずに。

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング





人材紹介会社の活用

●私が転職活動を行ったさいには、人材紹介会社を数社活用させていただき
ました。

当時多忙を極めた私にとって、求人情報誌等の膨大な情報から、自分に
あった会社を見つけるといった時間も体力もなかったものですから、
人材紹介会社のプロの目を信頼し、いくつかの会社をご紹介いただいたとき
は、本当に感謝したものです。
その理由は、私が求めていた会社を数社も見つけてくれたことにあります。

今、転職を考えている方は、人材紹介会社に相談することも視野に入れられて
みてはいかがでしょうか?

会社の経営者の中には
「人材紹介会社を使って、自分の行き先を決めるような人間はダメだ。」
と言う方もいらっしゃいます。
実際に、私も言われたことがあります。

そのときは、単純に「縁がなかった。」と思えばいいですよね(笑)。

多義に渡る企業情報を豊富に揃えている人材紹介会社を活用すること。
私は、この方がいろんな意味で失敗はないと思っております。
いかがでしょうか?


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング




今年のラッキーカラー

●いくつかの心霊相談に応じているうちに、私の運気が著しく
下がり始めたため、今週は「今年のラッキーカラー」について
書かせていただきます。

「怖い話」は、いずれ再開しますので、お楽しみに(笑)。

さて、今年はじめに著名な占い師の方から、
今年のラッキーカラーについてコメントがあったことは、
皆さんも覚えていらっしゃるかと思います。

占い師によって、まちまちの色を選定されていましたが、
今年のラッキーカラー
私は、「ベージュ」だと思っています。
著名な占い師のお言葉を借りれば
「アースカラー」
すなわち、自然界にある色のことです。
そうなると、ベージュ以外にもグリーン、青等が浮かびます。

それも正解でしょう。

ただ、今年は地球大地の色がラッキーカラーであると考える私は
「土の色」が一番ではないかと・・・
そうなると「茶」ですが、もう少しソフトなイメージで
砂の色でもある「ベージュ」かな、と思いました。

自宅玄関のカーペットをベージュにしてみたところ
気のせいかもしれませんが、明るく暖かい玄関になったような
気がします。

皆さんは、何色を今年のラッキーカラーにしましたか?


●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング




先手と後手

経理屋の業務の中核が過去の数値を取り纏めることとなる決算作業で
あることから、周りからは過去業務を行っている部門と捉えられがち
ですが、これは、そう思わせる当該経理部門に問題があります。

会社は、利益を出して納税し、社会に貢献するという義務を負っています。
このため、事業計画を策定し、会社を成長させ利益をだすための施策を打ち
出し、それに従って行動します。

ところが、思惑通りにいかないものが経営。
思わぬトラブルに巻き込まれたり、得意先の経営悪化等に見舞われたりと
事業計画を修正せざるを得ない事態が起きることもしばしば。

このようなときに、経営陣とともに先頭に立って、警笛を鳴らし、問題
事項を分析、対策を提案もしくは提案に対する進言を実施すべき部門が
経理部門なのです。

過去の数値を取り纏めるとはいえ、債権回収や、債務支払等はリアルタイム
に行っているため、営業部門と同じくらいに早いタイミングで情報が入って
くるのが経理部門。

ここで、月次決算作業を行うような心構えで対応しようものなら、行動は
全て後手後手に回り、「経理部門なんて所詮過去業務担当。」とレッテル
を貼られてしまいます。

この激動の時代に相応しい経理部門とは、いち早く入手する情報を、経理
部門ならではの手法で分析し、関係部署へ提案、進言等を行う。
この作業は手間もかかりますが、会社をよくしようという情熱がないと
できるものではありません。
しかしながら、この行動が習慣化された経理部門は、存在感も報酬も
他の管理部門とは一線を引く存在になることは間違いありません。

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング




本当にSYUにあった怖い話【15】

●本当?嘘?

これまで、心霊体験や占いについて、書かせていただいてまいりましたが
(占いはほとんど書いていませんね(汗))、この件について
「本当なんですか?」「嘘書いているんじゃないよ。」等のコメントを
いただいても、答えは「本当です。」としか言えませんし、でも、証明
する術はありません。

私の場合は、お金はいただいておりませんので、相談相手に何かを買わせ
たりという損失を与えない限り、詐欺等で訴えられることもないだろうと
思っています(笑)。

有料にすることは、私が出した解について、何らかの形で証明せねば
ならないと考えておりますので、証明ができない以上、お金等の対価を
いただくことは怖くてできません。

有名な霊能師や占い師は、ビジネスとして行っていることから、その真偽
について問われたりしていますよね。

私が思うに、いくらとやかく言ったところで、納得いく証明など出ないと
思います。

占われる方は、あくまで参考として、結果を受け止めるとした方がいい
のではないでしょうか?

よく、マスコミが、有名な霊能師の真相について議論しているのを
見かけますが、ナンセンスではないかと思うのですよ。
霊能師が証明できないことをいいことに、何だかんだと書き立てる、
どんなもんかなあと思って見ています。

この世界の話は、どんなに科学が発達しようと、永遠に解明できない
ものだと私は考えますが、皆さんはどう思いますか?

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!



FC2ブログランキング




FC2Ad