経理に転職 経理屋が天職

経理の仕事を知ってから、何回転職したってやっぱり経理屋さん

会計事務所の仕事

会計事務所への転職


私が初めてお世話になった公認会計士事務所から、税理士事務所に転職

した理由は、先日書いたとおり「いつ入社してくるか分からない後輩が

来るまでお茶汲みを続けるのは耐えられません(T-T)」という理由でした。

事実、税理士事務所は中途採用がほとんどで、即戦力になる人を採用

するのが常なので、当時の私より年も若く、スキルも下の人を採用する

なんてあり得ないといっていいくらいでした。

給料は10万円だった・・・


その理由以外にも、私がいただいていた給料は手取り額は10万円を切

っていたので、生活が苦しかったこともあります。

最初は私も、丁稚奉公だと思って耐えていましたが(笑)、さすがに

やりくりが厳しくなっていたこともあり、スパっと転職しました。リクルートキャリア


ただ、ここで申し上げておきたいのは、「自分に見合う給料をいただい

てない!」という不満はなかったと言うことです。

それは、そこでは、伝票整理、データ入力などの基礎以前の業務しか

行っていなかったからです。主たる業務は大ベテランの上司がこなし

てました。まさに私は丁稚奉公そのものでした(笑)。

ですから、次にお世話になった税理士事務所の面談時に、希望給与を聞

かれても「手取り10万円以上いただけるのなら十分です」と言いました。

そのためか、私よりスキルもあり優秀な人と競って、私を採用していただ

けました。まあ、経営者として考えれば、安い人件費で雇える者は都合が

いいので、その理由だけだったのかもしれませんが。(笑)

その税理士事務所は職員が30人以上いる、業界では大きい規模の集団

でした。結局、私はそこで12年超お世話になりました。

リクルートキャリア


その期間、税理士事務所の業務についてとことん教育を受けたわけですが

それについては、また次回・・・

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

経理(経理屋)の道を選んだ理由

経理の仕事って何?といった感じの学生時代

実は私 学生時代から数字は大嫌いだったのです。


だから 大学も数学のない文系を進みました。


学生時代は バンド活動に明け暮れ


本気でプロのミュージシャンになろう!


と決めて、4年間ライブをやりまくり


そして挫折したのですが (汗)



授業はそっちのけ 就職活動なんかすることはなく


気付いたら アリとキリギリス のキリギリス(TーT)

何か手に職をつけないと!
そこで選んだ資格が
日商簿記2級




「こりゃ手に職つけないとオマンマの食い上げだっ!!」


なにか資格を!と本屋に駆け込み、すぐ目についたのが


日本商工会議所簿記2級(日商簿記2級)






迷うことなく資格取得に向け 独学で半年ほど学び


何とか合格しました。




その後、日商簿記1級も取得することができ



縁あって公認会計士事務所にお世話いただくことになりました。



今もときどき



まさか この私が経理屋になるなんてっ!!!



と思うときがあります(笑)




そして、経理屋が天職 になるなんて


夢にも思いませんでした(爆)

ミュージシャンを夢見た男が

経理に転職

そして

経理が天職

になったきっかけでした。

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking




経理部社員の転職

あらためて自己紹介します!

syu2000です。

会計事務所の仕事、経理部の仕事

などの経理生活20周年を記念してブログを立ち上げて10年強が過ぎました。


会社によって経理業務が違います

この20年の間に転職も4回経験、同じ経理業務なのに、会社によってこんなに違うのか!って思ったものです。

そんなことも、また書いていきます。


転職を考えている経理屋さん

今、転職を考えている方
会社や会計事務所等の経理業務に関心がある方にとって
お役に立てればいいな、と思っています。

また、経理屋のおかしな日常生活の考え方なども
たまには書いてみたいと思います。

あまり形にとらわれずに
気楽に長く続けていきますので

●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking




IoTの進化によって経理屋が絶滅すると言われていますが・・・

経理業務に携わっていらっしゃる方は

そう思っていますか?

私はそうは思いません。

確かに

データ入力の一部

法令等に照らし合わせた判断業務

報告資料作成業務などは

大幅に作業量が減少されると思われます。

ただ、システムは

国税当局への対応(特に税務調査)

監査法人との折衝

経営幹部が理解しやすい管理会計のデザイン作成 などは

まずできないでしょう。

そのあたりの業務に強くなって

自分に付加価値という強力な武器を身に着けることです


経理屋さんは、とかく

税法

金商法

企業会計原則 の知識習得に偏ってしまいがちです。

でも、企業に勤める経理屋さんなら

管理会計にも強くなってほしいものです

難しいことを難しく言いがちなのが経理屋さんですが

難しいことを簡単に簡単に言う

分かりやすく言う

これが経理屋さんの付加価値に繋がります!
●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking











分かりやすい管理会計の本(2)

前回に続いて

分かりやすくてためになる

管理会計の本をご紹介します。

現場が動き出す会計 ―人はなぜ測定されると行動を変えるのか

(日本経済新聞出版社)





この本は、しゅうが所属する経営企画部の社員全員に

社長が無料配布してくれたのですが

とても分かりやすい!

なので

会計になじみの薄い技術系の社員が

管理会計を学ぶのに適していると思います。

企業の経理部、経営企画部に所属する方に

1度は読んでほしい管理会計のバイブル的書籍です!






●ブログランキングに参加しています!
 ポチっとひと押しお願いします!!

FC2 Blog Ranking




次のページ

FC2Ad